土曜日, 11月 19, 2005

ドラッカーとアジアのモノづくり(11/16)後藤康浩

NET EYE プロの視点でDr. Druckerのことを記事にしてるの見つけた。アジアの企業が成功を収めたのはある程度の家族的な経営がキーワードだとある。"「近代的企業を家族的に 運営すること」と「ファミリービジネスを近代的企業として運営すること」の違いを日本と中国を対称させる"とDr. Druckerは指摘したそうだ。ついでに松下の停滞を家族、企業の視点からビシバシ。

色々、なるほどねーと思う。

2 件のコメント:

K@n@ さんのコメント...

Satolyさんこんにちわ^?^

今日このブログを見つけて読みました。
私も3ヶ月前からサンフランシスコで勉強中です!ずっとテキサスに住んでたんだけどやっぱりサンフランシスコのほうが国際的で(笑)おもしろいですね。
私もだいぶ長いこと書いてないブログ書いてみようかなって思いました。

カフェ情報まで紹介してあっておもしろかったです。
よかったら今度ご一緒しましょう!

Satoly さんのコメント...

コメントありがとう、Kanaさん!

カフェ好きのSatolyです。よく週末の昼下がりにlaptopもってcafeで勉強したりしてます。日曜に勉強するのは嫌だけど、やらないと大変なことになる。しかし、あまり気が乗らないので、お出かけでもしてついでに勉強できる場所 = Wi-Fi Cafe。てなつながりでよくいろんなところをうろついてます。

http://metrofreefi.com/free-wifi-San+Francisco-CA-USA.htm

上のアドレスから近所の良いcafeが見つかると思います。最近postしたJumping Javaは最近のお気に入りなので週末にそこで遭えるかもしれませんね。

オタク風のlaptopをもったアジア人が多分私だと思います(笑)。