月曜日, 7月 17, 2006

カスタマーサポートにもの申す


私のメインのPCとして活躍してくれているLaVie M(直販モデルでLaVie G何とかという)、Final FantasyがプレイできるグラフィックアクセレーターのすごいLaptopとして鳴り物入りで2003年に販売されていた。が、非常に不具合が多いためたった1年で販売が中止(おそらく)されてあっけなく消えてしまった。

実は3年間の保障を買っていて(6,000円くらい)、すでにマザーボード交換 x2、液晶交換x1、バッテリー交換x2と徹底的に直しまくっていたりする。日本に帰国するたびにカスタマーサポートに直接持ち込んで色々と直したり、一度は日本にワザワザ送って直したことさえもある。

2chのモバイル板
で頻繁に情報交換をして何処がどういう風に故障するのかなど色々把握してみた結果、この機種はリコールするべきではないか?という考えが頭をよぎる。もちろん、2chのような場所は誹謗中傷の場所になりやすいために一概にそうとは言えないのだが。それよりも自分の修理の回数と手間からくる意見と、2チャンネラーの意見が珍しく一致するのが問題なのである。

今回はキーボードの文字が書いてあるプラスチックの部品、キートップが1つだけ壊れたので、タイプするのが難しいのでその部品を売ってと日本のカスタマーサポートにskypeを使って電話をした。すると、部品を買うと言っているのにもかかわらず、本体をNECに送ってもらわないと何も出来ないとぬかす。

それから、USにもカスタマーサポートがあるからそちらに連絡してみてといわれる・・・前に日本にワザワザ郵送して修理してもらったのは一体なんだったのだろうかと$200の送料の怒りがこみ上げてくる。アメリカにサポートがあるならあると最初から言ってほしい。しょうがないのでUSサポートに電話して部品を送ってほしいと頼むと、電話で連絡しなおすので少し待っててほしいといわれる。

その後1ヶ月が経ちまだ電話してこないのはどうしてだとクレームつけると、そんな話は聞いてないと。で、キーボードを買うと$80掛かって、修理代込みで$120ほどするので、しょうがないので$80払って直すと告げ。また連絡待ちになる。後日、連絡があり外国から部品を輸入して直すのでその修理は受け付けることが出来ない。日本のサポートに連絡しろと言われる(無限ループに突入)。

で・・・結局自分で直した。eBayで偶然同じ型のキーボードが売りに出ていて。1週間後に商品が届いて今直したところだ。ありがとう、eBay。いつか日本進出に成功してね。あんな簡単な修理なのにもったいぶって$100かかるとか何とかいっていたのはなんだったんだ・・・・最後に外国でまともサポートをしてくれない会社のlaptopは2度と買わない

追記
その後、このポストに数多くのアクセスが某社からあることに気がつきました。ガクガクプルプル・・・

4 件のコメント:

leaf.child さんのコメント...

私もLaVieCを持っているんですがもう2回はマザーボード換えてもらってます。その他いろいろあやしい部分も有。そして私も日本にわざわざ持って帰ったり、郵送して親に頼んで直しました、、、イライラ、、、

Satoly さんのコメント...

leaf.childさん。

やり場のない私の怒りを共有してくれてありがとうございます。

私も同じく親に送って、またサポートに送るという2度手間をかけて直しました。あの柔軟性のないサービスには本気で不愉快な思いをしました。

次に買うLaptopは何所にいてもサポートしてくれる会社から購入しようと思ってます。

Maichan さんのコメント...

横着に本をまとめて本棚になおそうとし、その結果、ぼたぼたと手元から滑り落ちる本のうち一冊があなたのキーボードを直撃。K君と他にも何個かキーをふっとばしてしまったのは私。ごめんなさい・・・ご迷惑をおかけしました・・・怒りはNECに向けてくださいね。

Satoly さんのコメント...

maichanへ

あまり気にしなくていいですよ。だって、今度遊びに行くときたくさんおごってもらいますので(ニヤリッ)。