火曜日, 3月 20, 2007

RMA

えーVistaも出たしそろそろ新しいPCが欲しいななんて思ってたところ、なんと友人がマザーボードを安く譲ってくれるというではないですか!てなわけでPCパーツショップに駆け込んで

マザーボード: ECS P965T-A(raidサポート、HDDが無くて無理だけど)

CPU : Intel E6600 2.4GHz
RAM: Corosair CM2X512A-6400 x2(掛け2)
グラフィックカード: ASUS EAX1950PRO(最近のは妙にカラフルな高級感あふれかえるくらいのGPUが多い)
OS: Windows Vista Ultimate $200(OEMといってたはずだかDSP版てある何の略?将来64bit版にアップできるのか少し不安だったが、キーさえあればどこから来たコピーであっても大丈夫な気がしたので買った。)
入れ物: Thermaltake VD2400BNS(安くて電源入りで静かなので気に入ってる。とくにHDDの前に色つきのファンを入れたらかっこよくなった。前面は全て網のような素材になっている。あと、CPUに直に攻撃するファンをつけるともっと幸せになる予定だ。)実は箱は部品が無いものがあってすぐに交換してもらう。


まー大体こんな感じで組み立てることになったのだが。いかんせん初めてのことなので死ぬほど苦労した。いったいマザーボードのどこにケーブルをつなげるのやらわからない。で、マザーボードを安く売ってくれた友人にカスタマーサポートを頼む。これで普通なら何とかなりそうだったのだが・・・・

実はマザーボードが壊れてることが判明した。メモリを入れ替えても何をしてもCMOSのジャンパーを変えようがウントモスントモいわない。で、結果RMAとなって比較的近所にあるFremontにECSっていう台湾のアメリカ本社に送ることになった。購入してから1ヶ月以上経ってるのでお店では交換できず、メーカーにたたき返すわけだ。

RMA(Return Merchandise Authorization)になるまでには一苦労で、カスタマーサポートに電話して。

自分: マザーボード壊れとるけーとりかえぇーや!
中国語訛りのサポート: お前の使い方がわるいんじゃ!しっかり組みたてれ。
自分: なんじゃ、われ?マザーボード以外全部部品買えたけどそれでも使えんのじゃ(ウソ)!
がんばるサポート: ペンティアムDもサポートしとるけーほかのスピードの遅いCPUをつかってBIOSをアップデートせんか。
自分: そんならペンティアムD買う金をだしてくれや。
元気のなくなるサポート: ○□△・・・・?!?!


それから渋々とRMA番号を発行してくれてFremontの送り先を教えてくれる。で送って1週間後、自分のマザーボードが到着したとわかる。もちろんこっちから電話してだ・・・。2週間後、ブツが壊れていたと判明・・・・。三週間後、昨日送ったと2回ウソをつかれる。かろうじて1ヶ月が経とうとするとき、アパートのドアにUPSからなんかきたんでアパートのマネージャーさんが預かっていると知らせが届く。

そしてついにマザーボードが到着。前回教えてもらった通りに組み立てて、さー起動させようとすると・・・・またトラブル発生!友人様のサポートによってその週の金曜日夜更けに理由が判るのだが・・今度はメモリーの片方が壊れていたのだ。

翌日買ったお店にそれを持っていってやっとのこと交換してもらい。晴れて1GBのRAMが入ったPCが出来上がり何とか動くようになった。なんとその記念すべき日は部品を購入した日から30日ちょうどのお店で交換してくれる最後の日だった。ギリギリセーフ・・・

このように自分でPCを組み立てようとなどなまじ考えたりすると結構苦労するので気をつけよう。それでも自分でしたいと思う方はまるで仕事をするがごとく、時間と費用そして人さえもマネージしなければならない(笑)。

合計30日と部品交換3回をしてやっと出来た!

1 件のコメント:

Mayumi さんのコメント...

楽しいオタクの世界からの再復帰、おめでとぉ~^^*楽しく読ませてもらったよ。わたしにゃ無理だわさ。苦労は買ってでもせいっと言われたが、やはりお金を払って苦労を買うっちゃ、コストパフォーマンスが悪すぎやしないか?ということで、いつか譲ってもらおう・・・そのパワフルなコンピュータ;)